タイムズスクエア近く!エンバシー・スイーツ・バイヒルトン・ニューヨーク宿泊記

エンバシー NY・トロント旅行201910

こんにちは!ナナです。

2018年に開業した比較的新しいホテル、エンバシースイーツバイヒルトンニューヨークミッドタウンマンハッタンタイムズスクエア。(名前長いw)
名前の通りタイムズスクエアにほど近いホテルです。

こちらのホテルの、良かったところも、イマイチだったところも、全部含めてレポートします!
これから行く方の参考になれば幸いです。

旅行全体のスケジュール・目次はこちら↓

ホテルを選んだ理由

ニューヨークって本当にホテルが高いんですよね…
(普段アジアリゾートに行くことが多いので余計にそう感じます)
最初は、あこがれもありセントレジス(SATCでMr. Bigが定宿にしていましたね!)などに泊まってみたと思っていましたが、値段を見てびっくり!笑
とても私たちの予算で泊まれるホテルではなかったので、条件を絞って検索することにしました。

  • 便利な立地!(駅から近く、タイムズスクエアから徒歩圏内であること)
  • 清潔・きれいな客室
  • 予算内におさまること(一泊3万円以内くらい)

この条件からエンバシースイーツバイヒルトンに決めました!

ホテルへのアクセス

エンバシー・スイーツ・バイヒルトン・ニューヨークミッドタウン・マンハッタンタイムズスクエアの所在地は、こちらです。

  • 住所 : 60 West 37th Street, New York, New York 10018, UNITED STATES
  • 最寄駅:34 St – Herald Sq Subway(徒歩4分ほど)

名前の通り、ニューヨークのミッドタウンにあり、タイムズスクエアからも徒歩圏内です。
周囲にはお店も多く、夜になっても周囲は明るいです。
怖い雰囲気などは滞在中感じませんでした。

駅からもほど近く、道もわかりやすいので迷わず着くことができました。
ただ、34 St -Herald Sq は、ホテルから近い出口には階段しかなかったので、重い荷物を持っている方は注意してください。
NYC Subwayのアプリから確認すると、エスカレーター修理中のアラートが出ているので(2020年3月現在)、修理が完了したらエスカレーターも利用できるのかもしれません。

客室

私たちが宿泊したのは、一番安い1キングルームのお部屋です。
それでも10月の3泊で約85000円…アジアリゾートだったら一流ホテルに泊まれるお値段です。笑
世界でも物価の高いことで有名なニューヨークだから仕方ないですね。

2018年にでき、新しいということもあり、ホテルはとてもきれいでした。
客室も、狭いながらも綺麗です。
狭いですが、ベッドの周囲にはトランクを広げることのできるくらいのスペースもあり、特に困ることはありませんでした。

エンバシー
広々としたベッド

室内に入るとまず広々としたベッドがあります。
かなり高め!!!
ベッドは固すぎず、柔らかすぎずちょうどいい感じ。

エンバシー
ソファが置いてあります

ベッドの横にはソファ。
一人掛けだしひとつしかないし、特に使い道もなかったので荷物置き場と化しました。笑

エンバシー
広々デスク

デスクスペースもあります!
シャネルのパネルもおしゃれ。

エンバシー
コーヒーマシーン

デスクの横にはコーヒーマシーン。
ポットはありませんが、これでお湯を沸かすこともできます!
コーヒーは無料です。カップは使い捨て。洗面所のカップもプラスチックで使い捨てでした。合理的なアメリカ人らしいですね。

エンバシー
電子レンジと冷蔵庫

その下には電子レンジと冷蔵庫がありました。
電子レンジは説明書き等はありませんが、感覚で使えます。大丈夫です!

エンバシー
洗面所

洗面スペース。
アメニティは一応ありましたが、最小限という感じです。
日本から持っていくことをお勧めします。

シャワーはかなりちょろちょろとしか出なくて、これがとってもストレスフルでした…
また、固定です!
ここは正直、もうちょっとどうにかならないのかな?と思ったポイントです。

エンバシー
トイレ

洗面所の反対側はお手洗いです。
何の変哲もないトイレだと思いますよね???

でも、トイレの隣のドアが!!!!!なんとクローゼットなのです。笑

斬新すぎる配置。
ものすっごいギリギリ開きます。トイレの便器すれすれ。
ここしか配置する場所がなかったんだろうけど…びっくり!

その他サービス

朝食やWi-fiなどその他サービスについてです。
チェックインした際にもらった紙に書いてあります。

エンバシー
サービス内容

朝食

こちらのホテルを選んだ理由の一つがこの無料朝食でした!

NYは、先ほども言った通り、物価がとても高いです。
食事ももちろん。朝食でも一人2000円近くしても全く不思議はありません。
なので、朝食込みはとても大きかったです!

エンバシー
朝食会場

朝食会場はホテルの4階にあります。
ピークの時間帯には結構席が埋まってしまうので、早めの時間に行くことをお勧めします。
満席で、部屋に持ち帰って食べている人も結構いました。

エンバシー
ある日の朝ごはん

私たちが行った時の朝ごはんのラインナップは、こんな感じです。

  • フルーツ(メロン・スイカ、バナナ、リンゴなど)
  • ベーコン、ソーセージ類
  • ベイクドポテト
  • パン類(マフィン、スコーン、デニッシュ、トーストなど)
  • エッグステーション
  • パンケーキ、ワッフル
  • ヨーグルト
  • ジュース、コーヒー、紅茶(持ち帰り用のカップもあります)

高級ホテルの朝食ビュッフェに比べると種類はそんなに多くはありませんが、無料朝食なのでこんなもんかな~という感じです。
野菜類はありませんでしたが、オムレツは野菜入りにできるので、トッピング全部盛りにして注文し野菜を摂取していました。笑
オムレツは大きめサイズなので主人と2人で一つ。
あとはフルーツですね。

エンバシー
フルーツ多め!

私は、マフィンが美味しくて気に入りました^^

ハッピーアワー

夕方にはハッピーアワーの時間もあります。
(17:30~19:30)
会場は朝食と同じ会場です。

エンバシー
入り口

宿泊者であればだれでも利用できます。
特に入り口でのチェック等はありません。

  • アルコール類(ワインが中心だったと思います)
  • スナック類

本当に軽くという感じで、私たちは初日に少し行っただけであまり利用しませんでした。
私がアルコール類が苦手なのもあります…
食事の代わりという使い方は厳しいと思いますが、アルコール類が好きなにはとってもお得なサービスだと思います!!

無料Wi-fi

無料Wi-Fiもあります!

速度も特に問題はなく、ストレスなく利用できました。
部屋にいる間はつながらない場所もありませんでした!
写真などデータの送受信にも便利です。

その他

チェックイン前・チェックイン後でもトランクなどの大きな荷物は預かってもらえます。
フロントでお願いしましょう!

ただ、私たちは預かってもらおうとしたら、チェックイン前の時間でも部屋に入らせてもらえました。
お掃除が終わっていたようです!
日本のホテルだと時間にならないと入れてくれないところが多いですが、海外だと結構終わっていれば入れてくれたりします。
ダメもとで聞いてみるのがいいと思います。

よかったところ・悪かったところ

よかったところ

  • 立地
  • 朝食付き
  • 電子レンジ&湯沸かし
  • 新しくてきれい!!

まず、立地は本当によく、駅からも近く、本当にニューヨークの真ん中です。
観光と観光の間に一度立ち寄って休憩したり、荷物を置きに戻ったりということができました。
一日中外に出て歩き回っていると想像以上に疲れるので、立地は大事です。

そして、電子レンジと湯沸かし(コーヒーメーカー)があるのもよかったです。
私たちは、朝食はホテル、昼食がっつり、夕食は軽くというサイクルが多かったので、軽めの夕食を買って帰ってきたりということが結構ありました。
そのため、電子レンジと湯沸かしが大活躍!
恋しくなるかな~?と思って日本から持っていたインスタント味噌汁でほっこりすることもできました。
これは、ありがたい設備です。

悪かったところ

  • シャワーのでがとにかく悪い
  • 深夜まで配管の音?がうるさい
  • クローゼットが謎の場所にある(これは使わなかったのでまぁいいのですが…)

良くなかったところはこれくらいかなぁ。。

シャワーはとにかくちょろちょろです。
お湯はちゃんとあったかいのが出るので問題ありませんが、固定なのにちょろっとしか出ないのでシャワーの時間が長くかかります。。
疲れて早く寝たいときにはとっても不便。もうちょっとどうにかなったらうれしい点です。

あとは、深夜までずーーーーっと気になったのが配管?の音です。
ずっとポコポコ…というような音がうるさくてなかなか眠れませんでした。
観光で疲れているのにこれはちょっときつい…
原因はわからず部屋の位置にもよるのかもしれませんが、私たちの部屋ではうるさかったです。
(主人は気にならなかったといっていたので個人差がありそうです。)

まとめ

全体的にはコスパの高いホテルだと思います。

お値段はリーズナブルなのに、新しくてきれいだし、朝食フリーなので食事代も節約できます。
また、スタッフもとても親切でした!

寝つきの良いタイプの人なら、シャワーさえ我慢すればお勧めできます!!

宿泊代は抑えつつも、ある程度ちゃんとしたところに泊まりたい♡という欲張りタイプにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました